燕杯

ARTICLE PAGE

スイスドロー方式

スイス式トーナメントとは、勝ち残り式ではなく、すべての参加者が一定数の試合を行うトーナメント方式である。スイスドローとも呼ばれる。
スイス式トーナメントでは、すべての競技者(チーム、個人)が複数回の試合を行うが、総当たり戦のように他のすべての競技者と試合をするわけではなく、総当たり戦に比べて試合数が大幅に削減される。対戦相手の決定はできる限り同程度の力量を持つ競技者同士が対戦し、同じ相手と二度以上対戦することがないように予め作られた規則に沿って行われる。全試合終了後に最も多くの得点を集めたものが勝者となる。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BC%8F%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88)



 一言で表すなら、トーナメントと総当たりのリーグ戦のいいとこどりをした大会のフォーマットです。もちろんデメリットもありますが。個人競技の大会で用いられることが多い方法ですが、Kiev majorのグループ予選でvalveがこの方式を採用した事は記憶に新しいかと思います。当大会でもこの方式を採用する事にしました。
 トーナメントだと、1回戦で負けてしまったチームは1戦しか戦う事が出来ず歯がゆい。しかし、総当たりだと時間はかかるし運営のキャパシティを超えてしまう。そこで、その間のスイスドロー方式で大会を行う事にしました。簡単に流れを説明します。
 まず、1回戦ではランダムにチームが割り振られて戦います。2回戦で、1回戦で勝ったもの同士が、もしくは負けたもの同士が戦います。3回戦、4回戦も同様に進めていくと、最終的には強いチーム同士、弱いチーム同士が戦うようになります。

 具体例を見てみましょう。

roundtable.png

 2回戦では、1回戦で勝ったチーム同士、負けたチーム同士が戦っているのが分かるのかと思います。
 3回戦でも、2敗同士、1勝1敗同士、2勝同士が戦っているのが分かるかと思います。このように、だんだんと実力が均衡する相手と戦うシステムとなっております。

table.png

 同じ勝敗でも、より強いチームに勝ったチームの方が順位が高くなっています。
 この方式のいいところは、負けてハイ終了ではなく、何回か戦えることです。近い実力同士で戦えるので、反省点や改善点も見つけやすくチームのモチベーション向上に一役買ってくれると思っています。ラウンド事に区切る必要があるのでタイムスケジュールも立てやすい。
 悪い所は、わかりにくい所です。当大会ではchallongeのシステムを使って試合を進めていくので、細かい所はコンピュータが計算してくれます。みんなで頑張って慣れていきましょう。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment